" /> テントやタープとかで良く見る「Ⅾ」とか「T」って何?を勉強!→今度友人にドヤ顔で話したろう! | けんおーじのブログ ~キャンプと日常~

テントやタープとかで良く見る「Ⅾ」とか「T」って何?を勉強!→今度友人にドヤ顔で話したろう!

キャンプHow to&Try!

ほぼ5千円以下のキャンプ道具をバッグに詰めて、キャンプを楽しんでいるけんおーじです。

これは取るに足らないに日常の学びをアウトプットするだけの記事です。

テントとかタープとかキャンプ道具を見ていると75Ⅾ○○とか、190T○○とかってよく見ません?

あのⅮとかTとか気にしてます?(Ⅾと言えば、ワンピースのⅮの一族が浮かんじゃう)

ぶっちゃけ全然気にしてなかったんですけどね、ふと気になったら調べちゃう性格でして。

ふと気になったので、調べてみたってお話です。(今更ね…)

この記事を書いた人
けんおーじのブログ ~キャンプと日常~

ヒロシさん・少年かむいさんの動画に心動かされ、キャンプを始めて早3年。常に初心は忘れずに。

体1つで運べる範囲内の荷物でキャンプがしたい、小遣い制キャンパー。

故に「軽量・コンパクト・お手頃価格」なギアが大好物。

<簡単な自己紹介>
・二児の子育てをするアラフォーのおじ……王子です。
・好き:キャンプ 美味しい物 バスケ
・所有資格:FP2級 住宅ローンアドバイザー

ツイッター・YouTubeもやっています!
こちらもよろしくお願いします!

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

けんおーじのブログ ~キャンプと日常~をフォローする

Ⅾは「デニール」|端的に言うと、糸の太さの単位

まずは「Ⅾ」さんからです。ストッキングにはこのⅮが使われているそうで、女性の方がなじみ深いのかな?

Ⅾ=デニールと読むそうで、9000mで1gになる糸(繊維)を1Ⅾと表すそう。

100Ⅾであれば、9000mで100gの重さの糸を使っているということか…

一般的にポリエステルはⅮで表すことが多いそうな。

Tは「タフタ」|端的に言うと、繊維の密度

続きまして「T」さんですね。

T=タフタと読むそうで、1平方センチ内の縦横合わせた繊維の本数を表すそう。

100タフタ=1平方センチ内に縦横合わせて100本の繊維が織り込まれているということ…

ちなみにナイロンはこの「T」で表すことが多いんだとか。

なるほど!とわかったようで、わからないような…笑

「Ⅾ」も「T」も数値が大きいほど生地は厚く、重みも増す

そんなことを学んでから改めてテントとかを見ると、確かに地面と擦れるボトムの生地はⅮやTの数値が高いな。

ちなみに自分が持っているバンドック「ソロティピー1」のボトム→680Ⅾポリエステル。

主にファミリーキャンプで使用するスノーピーク「ヴォールト」のボトム→210Ⅾポリエステル。

ただ、ややこしいことに単純に数値が高いほど丈夫というわけでもないと…素材や織り方、縫製の仕方でも強度は変わるそう。

数値は低いのに丈夫そうな山岳テントは、生地に特殊な加工がされてるんでしょうかね。(だから高額なのか…)

おっ、奥が深いぜ「Ⅾの一族」&「Tの一族」……

↓バンドックソロティピーテント|バンドック↓

↓ヴォールト(テント)|スノーピーク↓

まとめ

てことで、気になりましたらご自身の所有するテントやタープ等の「D」や「T」の値を調べてみて下さいね!

そんな学びの話でした。おしまい………

なんか、今までと違って見えてくるぜ!今度、友人にどや顔で教えたる!!

ピックアップコンテンツも
↓よろしくお願いします!↓

ブログ村ランキング参加中
クリックで応援して貰えたら嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました