" /> 「ハイコスパ超極暖シュラフ!」-1℃も余裕♪|【Coleman】【コールマン】タスマンキャンピングマミーをレビュー | けんおーじのブログ ~キャンプと日常~

「ハイコスパ超極暖シュラフ!」-1℃も余裕♪|【Coleman】【コールマン】タスマンキャンピングマミーをレビュー

コールマン タスマンキャンピングマミー レビュー キャンプ道具

ほぼ5千円以下のキャンプ道具をバッグに詰めて、キャンプを楽しんでいるけんおーじです!

この記事は私が使用する寝袋「コールマンのタスマンキャンピングマミー」のレビュー記事です。

キャンプを始める前、ヒロシさんほか多くの有名キャンパーが「寝袋は妥協しちゃダメ」と言っているのを目にしました。

初心者で無知ながら、価格と性能等を吟味してチョイスした寝袋がコレ。

まあとにかく暖かい寝袋でして、氷点下1度の夜もこれに包まっていれば寒さは一切感じないくらい。

私には珍しい5千円超えのキャンプギアですが、後悔なしなやつです。

ということで、以下コールマンのタスマンキャンピングマミーを紹介していきます!

この記事を書いた人
けんおーじのブログ ~キャンプと日常~

ヒロシさん・少年かむいさんの動画に心動かされ、キャンプを始めて早3年。常に初心は忘れずに。

体1つで運べる範囲内の荷物でキャンプがしたい、小遣い制キャンパー。

故に「軽量・コンパクト・お手頃価格」なギアが大好物。

<簡単な自己紹介>
・二児の子育てをするアラフォーのおじ……王子です。
・好き:キャンプ 美味しい物 バスケ
・所有資格:FP2級 住宅ローンアドバイザー

ツイッター・YouTubeもやっています!
こちらもよろしくお願いします!

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

けんおーじのブログ ~キャンプと日常~をフォローする

【Coleman(コールマン)】タスマンキャンピングマミーの概要

 快適温度  下限温度  使用時サイズ 
(センチ)
収納時サイズ
(センチ)
 重 量 
(㎏)
 材  質 
-9度-15度83×203
49.8 x 32 x 31.4   
3.4ポリエステル 

【Coleman(コールマン)】タスマンキャンピングマミーの「良い点(メリット)」は?

良い点①|圧倒的な暖かさ!

コールマン タスマンキャンピングマミー レビュー
-1度を余裕で乗り越えた夜…

表示されている使用可能温度は快適温度-9度、限界使用温度-15度

自分は-1度までしか使用経験はありませんが、余裕でした。

ネットとかで下限-15度とか記載されている格安の寝袋をよく見ますが、この寝袋は本当に寝袋単体で‐5度位は大丈夫そう。

ツイッターでフォローさせて頂いている方からは「‐6度でも暖かかった」という体験談も頂きました!

ますます増していく信頼感…

良い点②|老舗ブランドという安心感!

やはり老舗ブランドの安心感がありますよね。古くからあるものは、それだけ多くの人の支持があることの裏返しでもありますからね。

コールマン製品は全体的に大きくて重い印象がありますが、作りはとてもしっかりしていると感じますね。

初心者なのでブランド品という安心感には頼っちゃいます。

良い点③|高性能製品なのに、1.5万前後で買えちゃう!

ネットで1.5万円前後で買えて、このスペックは凄いと思います。

キャンプ始めたい・キャンプ初心者さんでいつまで続くかわからないという方も、手が出しやすい価格でしょう。

キャンプ続けなくなってもこれは家で使えるでしょう…下手な布団より暖かいだろうな。

冬とかコレに包まれば間違いないっす。

良い点④|化学繊維のシュラフなので、手入れがラク!

ガシガシ使って汚れても、洗濯機で丸洗い出来るのが化学繊維の良い所!

ダウンシュラフお手入れも大変ですし、扱いにも気をつかいますからね。

(初心者であり、ずぼらなオレにはこんな点も嬉しかったりするわけですよ)

良い点④|暑過ぎたら、ダブルジッパー&ドローコードで調整可

シュラフに入って暑すぎる時は、ジッパーがダブルジッパーなので足だけを出すことも可。

顔周りと首回りのドローコード閉め過ぎないようすれば、シュラフ内の熱も逃げますね。

それでも暑ければ、お腹だけに掛ける等でもOK!

キャンプでは寒すぎるより、暑い方が全然マシです♪

【Coleman(コールマン)】タスマンキャンピングマミーの「気になる点(デメリット)は?

気になる点①|収納サイズ・重量は超ヘビー級…

コールマン タスマンキャンピングマミー レビュー
左:ダウンシュラフ 右:タスマンキャンピングマミー

収納時サイズはめちゃくちゃデカい・そして重い。。笑

ただ、キャンプは車でいく!とか軽量化に拘りがないのであれば、金額・性能のメリットの方が圧倒的に上回ると思います。

気になる点②|バックへの収納はなかなか大変…

コールマン タスマンキャンピングマミー レビュー

収納バックへの収納はなかなか大変と思います。

正直うまく収納出来てもデカいのであまり気にしないのも…いいのでは?

ダウンシュラフはコチラも参考に

まとめ|デカいけど、暖かさ抜群!価格も手に取りやすい化繊シュラフ♪

コールマン タスマンキャンピングマミー レビュー

安心のブランドコールマンで、1.5万円前後で買える極暖寝袋「タスマンキャンピングマミー」。

暖かくて、お手頃価格の寝袋を探している方にはオススメです!ぜひチェックしてみてくださいね!

最後までお付き合い頂き、ありがとうございましたm(__)m

ピックアップコンテンツも
↓よろしくお願いします!↓

ブログランキング参加中
クリックで応援して貰えると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました